1. 英語の声はよく響く

日本語の発音は口先の方で音を作りますが、英語は口内の奥のほうで作ります。なので声の響き方が日本語とは全く異なるのです。また英語は沢山息を使って発音するので、その分音がよく響きます。

2. 英語の声は低い

日本語は喉を閉じる事によって言葉を区切ります。しかし英語は喉を開いたまま話すので、音が底辺へ着地します。そして喉を開いたまま次の言葉へと繋ぐので、音が連なって発音されます。

3. 息使いが大きい

英語は日本語の4,5倍程度の息を使っていると言われています。特に摩擦音系(s/f/thなど)の子音を含む言葉を発音してみるとその違いがよく分かります。

You are so smart.「あなた賢いね!」| I feel good.「いい気分だ」

この様に、英語は息を漏らしながら発音しているような感じです。